地球温暖化 - 欺瞞と思わざるを得ない理由2009/12/20

日本ではやたらCO2による地球温暖化が宣伝されている。実際のところ、CO2による地球温暖化が事実なのかどうかは、意見が分かれている。日本でもまるで反対の意見の人もいる。例えば中部大学の武田邦彦教授のように。

作戦失敗・・・幻の温暖化騒動
http://takedanet.com/2009/12/post_1f6b.html

同じコペンハーゲンについて語ってもドイツ、シュピーゲル誌はまた違った意見になる。今にもとんでない時がくるようで、「どれほど破滅的な気候になるか明らかになるのに、それほど時間はかからないだろう」という脅しに近い表現になる。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
コペンハーゲンの気候サミットは失敗した。グリーンハウスガス削減について具体的な目標はない。先進国は開発途上国に具体的な提案を提供するまでに至らなかった。インドや中国などの新興工業国は、気候に対するチェック&バランスなしに経済拡大を続けることができる。

Gunning Full Throttle into the Greenhouse
(グリーンハウスに全速力で突っ込む)
http://www.spiegel.de/international/world/0,1518,668111,00.html#ref=rss
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

EUがこれほどやっているのに、資金援助額も少ないしアメリカは何で?なんて文句も言っているんだけど、それだったら、常識的な線として、アフガニスタンで大食いの戦闘機や軍用車を動かすなってことになっちゃうんだよね。スウェーデンでは、CO2削減のために、これやってるあれやってるってのが報道が出るけど、こんなのより最もCO2を排出するものを動かすなってことじゃないのかなあ。

で、そことんところをヤッパリというか何というか、欧米ではアホと評判のイランのアハマディネジャド大統領がちゃんと指摘しちゃってるんだよね。ごく一部を紹介すれば、「アンタら、オタクらがアフガニスタンに費やしたカネでアフガニスタンが先進国になったかあ?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
3) The so-called industrialized countries should fulfill their international commitments. At the same time, clear and feasible mechanisms should be drawn up which bring the disobedient governments and economic sectors under control and obligates them to pay fines to the countries which have experienced a loss. It has been said that more than 250 billion dollars has been spent on the expedition to Afghanistan and around 1,000 billion dollars has been the cost of the war in Iraq. Wouldn't 50 billion dollars spent on Afghanistan's infrastructure and economic development have turned this country into a developed country? And wouldn't 200 billion dollars on developing new technology and suitable use of fossil fuel have returned the pollution level to the period before industrialization?

WTF? Ahmadinejad making Sense on Climate Change;
Defends Nuclear Program as Alternative to Carbon Poisoning
http://www.juancole.com/2009/12/wtf-ahmadinejad-making-sense-on-climate.html
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

で、ここでイランの意見として興味深いのは、先進国はこれまでのCO2排出量に対して、その量に応じた金額を基金として拠出し、途上国がCO2を抑制する産業の育成ができるようにすべきということかな。つまり、欧米や日本の言うような資金援助ではなく、CO2排出が問題だというなら、これまでCO2を排出してきた責任分だけ、お前らがカネを出して基金をつくり、正当な管理の下でその基金を途上国が使えるようにするのが当たり前ってことかなあ。

コメント

_ masa ― 2009/12/20 18:36

関連しているような、していないような、戦後補償の問題。

同じくイランのアハマディネジャド大統領が戦後補償を請求するというニュースが出ている。

Ahmadinejad to seek UN compensation for WWII
http://www.presstv.ir/detail.aspx?id=114112&sectionid=351020101

これも常識的に考えて、当たり前というか。植民地国が何で賠償・補償を請求されないのか、確かに世界の不思議ではありました。第二次大戦中はイギリスと旧ソ連から受けた被害に対して、戦後は米国による内政干渉で受けた被害に対して(米国は内政干渉したことを認めているらしい)。直接ではなく、国連を介してのようです。

トラックバック