要は、検察・司法が腐りきり、自浄能力がないってこと!2010/02/03

小沢さんの不起訴方針のニュースが駆け巡っている。確かに重要な問題だけど、地検特捜部ばかりでなく、検察・司法全般でこの間に起きた問題を思い出して欲しい。

・ 足利事件の菅谷さん
・ 目撃者がいながら証言が採用されず、最高裁でも有罪になった高知白バイ事件
・ 検察の裏金告発前に逮捕された三井環さん
・ 何の罪だったのかわからないで収攬された元福島県知事、佐藤栄佐久さん
・ 「民野健治」という実名入りで告発された特捜部による女性秘書の任意取り調べ
・・・・・

調べれば、いやというほど出てくるだろう。これらに共通して見えることは何か?検察・マスコミのお得意語を使えば、すべてに「意図」があるってことだろう。意図的に逮捕、起訴、有罪判決、不当な取り調べがやられているってこと。

ここから導き出されることは、小沢さんの件ばかりでなく、検察・司法は腐りきっていて自浄能力がなく、外から大手術をしなければ、同じことを繰り返すってことじゃなかろうか。

小沢さんが不起訴だろうが、検察・司法の根本問題の解決にはならない。そもそも石川さんをはじめとする、逮捕・拘留自体の腐りきった検察の延長線上にあるのだ。さらには、マスコミを使って大印象操作しているのに、それほど盛り上がらず、自浄能力があるってところを見せかけている可能性がデカイのだ。さらには、小沢さんとの手打ちの可能性も否定できない。

何で有罪になったのか分からない起訴、判決を見直し、検察・司法の思い上がりを告発する措置が必要と思われる。

検察の任意取り調べを報じた上杉さんの歴史的ビデオ2010/02/03

週刊朝日で石川さんの秘書に対する任意取り調べ状況を報じたジャーナリストの上杉隆さんが衛星チャネルの「ニュースの深層」という番組で話している。。検察からの出頭要請も出されたようだ。わずか8分ちょび。検察とマスコミのやっていることと上杉さん、また出演されている原口総務大臣の話していることのどちらに正当性があるか、ご自分の目と耳でご確認ください。