石川議員出演問題はテレビ局の致命傷になる...2010/02/25

民主党石川知裕議員が拘留されていたとき、「政治とカネ」問題とやらで大手テレビ局はここぞとばかりに水谷建設から5,000万円受領などの報道をした。みのもんた氏が司会を務めるTBS「みのもんたの朝ズバッ」、辛坊治郎氏が司会を務める読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」などなど。俺自身は目にしていないが、その報道の中にはかなりの虚偽が含まれていたようだ。実際の石川議員の起訴事由とはまるで関係ない。

まあ、間違いは誰にでもある。後で訂正をすればいい。しかし、その間違いのおかげで、とんでもない扱いを受けている当人が保釈されて議員生活を送っているにもかかわらず、それらのテレビ番組は石川議員を招いて、石川議員側の意見を聞こうともしていない。

これは「政治とカネ」の問題ではない。検察からのリークの問題でもない。民主党、自民党など、どの政党を支持しているかの問題でもない。俺たちの身の回りでも、会社でもよく起きる問題。すなわち、何か問題が起きで当事者の意見が異なるときに、どう対処するかの問題なのだ。問題を判断、対処をするにあたって、事実確認とともに、意見が異なる双方の意見を平等に聞く姿勢をもっているかどうか、のモラルの問題である。

しかし、これまでのところ、大手テレビ局は石川氏に反論する場を提供しないという点で、報道機関として公正中立であるべきこの最低限のモラルを放棄している。

大手テレビ局が税金などの恩恵を受けていない機関であり、例えば、自民党機関紙、共産党機関紙であれば問題ないのかもしれない。しかし、テレビ局は記者クラブ、電波利用料をはじめとして、国民からの多額の税金の恩恵を受けている。自分たちの資金でやっている政党などの宣伝媒体とは違うのだ。一方的な偏向報道のしわ寄せは、テレビを見ている国民が受けることになる。

これらテレビ局は、税金の恩恵を受けずに、自分たちの力だけで会社を運営するときが来ているのではないだろうか。税金の恩恵を受けていなければ、俺もモラル面からテレビ局を批判する理由はない。